• 本

獺祭 時代小説

祥伝社文庫 の5−2 軍鶏侍 2

出版社名 祥伝社
出版年月 2011年10月
ISBNコード 978-4-396-33718-6
4-396-33718-3
税込価格 702円
頁数・縦 326P 16cm

商品内容

要旨

逆恨みから闇討ちを受け、果たし合いまで申し込まれた岩倉源太夫。秘剣・蹴殺しで敵を倒し、その技を弟子たちに見せたのだが…。その教えぶりを碁敵の和尚は、獺祭のようだと評した(「獺祭」より)。緑美しき南国・園瀬を舞台に、軍鶏侍・源太夫が、侍として峻烈に生き、剣の師として弟子たちの成長に悩み、温かく見守る姿を描いた傑作時代小説。待望の第二弾。

出版社・メーカーコメント

軍鶏を育て、人を育てる、軍鶏侍・岩倉源太夫の生き様 逆恨みから闇討ちを受け、果たし合いまで申し込まれた岩倉源太夫(いわくらげんだゆう)。秘剣・蹴殺(けころ)しで敵を倒し、その技を弟子たちに見せたのだが……。その教えぶりを碁敵(ごがたき)の和尚は、獺祭(だっさい)のようだと評した。(「獺祭」より)緑美しき南国・園瀬(そのせ)を舞台に、軍鶏(しゃも)侍・源太夫が、侍として峻烈(しゅんれつ)に生き、剣の師として弟子たちの成長に悩み、温かく見守る姿を描いた傑作時代小説。待望の第2弾!

著者紹介

野口 卓 (ノグチ タク)  
1944年徳島市生まれ。立命館大学文学部地理学科中退。さまざまな職業を経験し、ラジオ・ドラマの脚本や戯曲を執筆。平成5年一人芝居「風の民」で第三回菊池寛ドラマ賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)