• 本

三木武夫研究

出版社名 日本経済評論社
出版年月 2011年10月
ISBNコード 978-4-8188-2178-1
4-8188-2178-0
税込価格 5,720円
頁数・縦 398P 22cm

商品内容

目次

三木武夫研究会誕生の経緯と研究方針
第1章 三木武夫の政治的絶対性―研究の前提的試論
第2章 三木武夫の修学時代
第3章 三木武夫の初期政治活動
第4章 「協同主義」と三木武夫―三木家蔵書に見る人的つながりから
第5章 一九六八年の自由民主党総裁選挙と三木武夫
第6章 三木内閣の生涯設計“ライフサイクル”計画
第7章 スト権ストと三木武夫
第8章 三木武夫の政治的発話とその推敲過程

出版社・メーカーコメント

田中角栄の跡を継ぎ内閣総理大臣となった三木武夫の思想形成、政治理念、言動の特徴、首相としての治績などについて、残された膨大な関係資料を踏まえ論じる。

著者紹介

小西 徳應 (コニシ トクオウ)  
1958年生まれ。明治大学大学院博士後期課程中退。デューク大学(米)、オックスフォード大学(英)で研究。明治大学政治経済学部教授(政治学科長)。日本政治学会理事、日本選挙学会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)