• 本

北の無人駅から

出版社名 北海道新聞社
出版年月 2011年10月
ISBNコード 978-4-89453-621-0
4-89453-621-8
税込価格 2,700円
頁数・縦 791P 19cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 東京堂書店より

    鉄道本のようなタイトルであっても鉄道本にあらず。無人駅に降り立った著者の目に映るのは、夢や理想を取っ払った北海道の現実の姿。自然や美味しい食べ物・雄大な風景の裏に隠されている問題たちが次第にあぶり出されてくる。農業・漁業・観光・地方自治に関心のある方は必読の書です。

    (2012年3月21日)

商品内容

文学賞情報

2012年 第34回 サントリー学芸賞・社会・風俗部門受賞

要旨

単なる「ローカル線紀行」や「鉄道もの」ではなく丹念な取材と深い省察から浮き彫りになる北海道と、この国の「地方」が抱える困難な現実―。新たな紀行ノンフィクションの地平を切り拓く意欲作。

目次

第1章 「駅の秘境」と人は呼ぶ―室蘭本線・小幌駅
第2章 タンチョウと私の「ねじれ」―釧網本線・茅沼駅
第3章 「普通の農家」にできること―札沼線・新十津川駅
第4章 風景を「さいはて」に見つけた―釧網本線・北浜駅
第5章 キネマが愛した「過去のまち」―留萌本線・増毛駅(上)
第6章 「陸の孤島」に暮らすわけ―留萌本線・増毛駅(下)
第7章 村はみんなの「まぼろし」―石北本線・奥白滝信号場

著者紹介

渡辺 一史 (ワタナベ カズフミ)  
フリーライター。昭和43年(1968)2月、名古屋市に生まれ、大阪府豊中市で中学・高校・浪人時代を過ごす。昭和62年(1987)4月、北海道大学理2系入学と同時に札幌市に移り住む。大学在学中は自ら創刊したキャンパス雑誌の編集にのめり込み、平成3年(1991)9月、北大文学部行動科学科を中退。以降、北海道内を中心に活動するフリーライターとなる。道内市町村・郷土関係の出版物に多くの共同執筆作をもつ一方、平成15年(2003)3月には、札幌市で自立生活を送る重度身体障害者とボランティアの交流を描いたノンフィクション『こんな夜更けにバナナかよ』(北海道新聞社)で講談社ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞をダブル受賞
並木 博夫 (ナミキ ヒロオ)  
写真家。昭和29年(1954)東京都生まれ。日本写真専門学院卒業。高校時代から「カニ族」の一人として日本全国を旅するうち、北海道の自然に深く魅入られる。26歳のとき、札幌の印刷物企画制作会社にカメラマンとして入社。以降、道内市町村の観光媒体や情報誌などの制作に長くたずさわる。平成12年(2000)に(有)オフィス並木を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)