• 本

夜城

出版社名 世界文化社
出版年月 2011年11月
ISBNコード 978-4-418-11232-6
4-418-11232-4
税込価格 2,808円
頁数・縦 143P 21×24cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

桜の弘前城、雪の松本城、月明かりの姫路城…全45城、真夜中の名城写真集。

目次

九州編(唐津城
岡城 ほか)
四国編(大洲城
今治城 ほか)
中国編(広島城
備中松山城 ほか)
近畿編(長浜城
岸和田城 ほか)
中部編(松本城
掛川城 ほか)
関東・東北編(小田原城
江戸城 ほか)

おすすめコメント

「真夜中の名城」へようこそ! ライトアップも消えた後の、夜の城をテーマとする本邦初の写真集 桜の弘前城、雪の松本城、月明かりの姫路城ほか全45城掲載。

著者紹介

丸々 もとお (マルマル モトオ)  
1965年生まれ。立教大学社会学部観光学科卒。ぴあ(株)情報誌『WEEKLYぴあ』の編集記者、(株)リクルートを経て独立。92年「東京夜景」上梓以降、日本で唯一無二の夜景評論家として本格的活動を始める。夜景の魅力を観光学、景観学、色彩心理学など学際的に評論する独自の「夜景学」の構築に取り組んでいる。夜景に関する著作は三〇冊以上。新聞・雑誌連載等の執筆活動のほか、宿泊プラン、夜景イベント、レストラン&展望台プロデュース、不動産コンサルティング、夜景観光町おこし、講演会、インターネットにて活躍中。神戸市、横浜市、長崎市、川崎市等の夜景観光アドバイザー、横浜夜景ミュージアム館長、夜景検定(夜景鑑賞士検定)総監修、日本夜景遺産事務局長、LED光源普及開発機構理事等を務める
丸田 あつし (マルタ アツシ)  
1968年生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業、同大学院中退。1994年にデザイン会社(有)マルタアドバタイジングに入社。グラフィックデザイナーに加え、夜景フォトグラファーとして本格的に活動をはじめる。現在、世界各地の夜を撮影することをライフワークに、新聞・ウェブの連載、雑誌・週刊誌グラビア、写真展、夜景関連ホームページなどで活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)