• 本

水の柩

出版社名 講談社
出版年月 2011年10月
ISBNコード 978-4-06-217257-8
4-06-217257-7
税込価格 1,650円
頁数・縦 286P 20cm

商品内容

要旨

老舗旅館の長男、中学校二年生の逸夫は、自分が“普通”で退屈なことを嘆いていた。同級生の敦子は両親が離婚、級友からいじめを受け、誰より“普通”を欲していた。文化祭をきっかけに、二人は言葉を交わすようになる。「タイムカプセルの手紙、いっしょに取り替えない?」敦子の頼みが、逸夫の世界を急に色付け始める。だが、少女には秘めた決意があった。逸夫の家族が抱える、湖に沈んだ秘密とは。大切な人たちの中で、少年には何ができるのか。

出版社
商品紹介

老舗旅館の長男、中学校二年生の逸夫と、同級生の敦子。二人だけの計画が、少年の日常を色付ける。だが、少女には秘めた決意があった。湖の底に沈んだ秘密とは。

出版社・メーカーコメント

私たちがあの場所に沈めたものは、いったい何だったのだろう。 五十数年前、湖の底に消えた村。 少年が知らない、少女の決意と家族の秘密。 誰もが生きていくため、必死に「嘘」をついている。 いま最も眩しい作家が描く、成長と再生の物語。 老舗旅館の長男、中学校二年生の逸夫は、自分が“普通”で退屈なことを嘆いていた。同級生の敦子は両親が離婚、級友からいじめを受け、誰より“普通”を欲していた。文化祭をきっかけに、二人は言葉を交わすようになる。「タイムカプセルの手紙、いっしょに取り替えない?」敦子の頼みが、逸夫の世界を急に色付け始める。だが、少女には秘めた決意があった。逸夫の家族が抱える、湖に沈んだ秘密とは。大切な人たちの中で、少年には何ができるのか。 絶望と希望を照らす作家・道尾秀介がおくる、心に染みる人間ドラマ!

著者紹介

道尾 秀介 (ミチオ シュウスケ)  
1975年生まれ。2004年に『背の眼』で第5回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞し、デビュー。’07年『シャドウ』で第7回本格ミステリ大賞、’09年『カラスの親指』で第62回日本推理作家協会賞(長編部門)、’10年『龍神の雨』で第12回大藪春彦賞、『光媒の花』で第23回山本周五郎賞、’11年『月と蟹』で第144回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)