• 本

奈良の平日 誰も知らない深いまち

出版社名 講談社
出版年月 2011年10月
ISBNコード 978-4-06-217021-5
4-06-217021-3
税込価格 1,620円
頁数・縦 246P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

遷都千三百年で再び注目を集める奈良。地元紙記者出身の著者が、寺社・仏像だけじゃないディープなまちの魅力を紹介するこだわり紀行エッセイ。町家カフェ、古都の近代化遺産、街角のお地蔵さん、海なし県の水辺の風景、隠れたうまいもの、今までになかった視点で歩く、世界遺産の隣にある奈良。

目次

第1章 生活感あふれる「きたまち」
第2章 「ならまち」界隈
第3章 まちなか地蔵さん
第4章 高畑の洋館秘話
第5章 古都に息づく近代化遺産
第6章 まちを彩る乗り物
第7章 大和の水景
第8章 大和の食べもの雑記帳

出版社
商品紹介

遷都1300年祭で再注目の奈良。取材歴20余年の地元記者が、「借家カフェ」「書と古本」「近代化遺産」など、もっと深い奈良を案内する紀行エッセイ。

著者紹介

浅野 詠子 (アサノ エイコ)  
フリージャーナリスト・奈良教育大学非常勤講師。元奈良新聞記者。専門は地方自治。青山学院大学卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)