• 本

探偵小説の社会学

岩波人文書セレクション

出版社名 岩波書店
出版年月 2011年11月
ISBNコード 978-4-00-028503-2
4-00-028503-3
税込価格 2,420円
頁数・縦 261P 19cm

商品内容

要旨

近代になって誕生した探偵小説というジャンルは、“都市”の成立とも密接な関係を持っている。近代とは何か、都市における欲望のありようとは何か、探偵小説は多くの示唆を与えてくれる。一九世紀から今日までの探偵小説を通じて、探偵小説を消費する精神の土壌を分析し、その言語の有する問題性にまで迫る。

目次

第1章 猫と探偵と二十世紀(起源と模倣
猫と探偵
探偵とは誰か
ある興味
ディスクールの不安)
第2章 緋色の研究(ザディグの方法
デュパン、あるいは深さのゲーム
緋色の研究
最後の挨拶)
第3章 探偵小説の屈折と戦争(ABC
義眼のなかの動機
童謡殺人
都市の名づけえぬ顔
狂気の通路)
第4章 探偵のディスクール(想起と眠り
遊歩、蒐集、そして探偵
解釈の詐術)

出版社
商品紹介

言説としての探偵小説は、近代社会の成り立ちと深い関係を持っている。探偵小説が語る近代性の秘密とは。

著者紹介

内田 隆三 (ウチダ リュウゾウ)  
1949年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授。専攻は社会理論・現代社会論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)