• 本

花咲小路四丁目の聖人

出版社名 ポプラ社
出版年月 2011年11月
ISBNコード 978-4-591-12658-5
4-591-12658-7
税込価格 1,760円
頁数・縦 317P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • 最後の泥棒紳士「セイント」。
    1950年代末から1960年代に英国中の美術品や金品を上流階級から盗みまくり、決して捕まらなかった世紀の大泥棒。スコットランドヤードに残る記録では<BK17627444>というファイルの末尾から<トリプルフォー>と呼ばれる犯罪者。それが私の父、矢車聖人、70歳……。
    25歳の亜弥を主人公に、花咲小路商店街の様子があたたかく描かれています。町で起こる小さな事件を元・世紀の大泥棒がさりげなく解決していくそんな平穏な毎日(?)が一転、世界有数の企業による商店街の買収騒動が持ち上がり、花咲小路商店街に存亡の危機が訪れます!! はたしてセイントは、どんな方法で愛する町を守るのか?
    驚きの結末は読んでみてのお楽しみ。
    アットホームで爽やかで面白い、最後は思わず笑顔になる、小路幸也が贈る素敵なエンターテイメント小説です。

    (2011年12月29日)

  • ほっこりじんわり系エンタテインメント

    イギリス中の美術品を盗みまくった世紀の大泥棒が日本に帰化して商店街に隠居!?商店街を守るべく巻き込まれた事件を解決する。児童文学もしくはヤングアダルトでもよいかと思うくらい分かりやすくハートフルなエンタテインメント小説。

    (2011年11月27日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

その昔、イギリス中の美術品や金品を上流階級から盗み、現場には“saint”と刺繍された手袋を片方残すのみで決して捕まらなかった世紀の大泥棒。そんな「泥棒紳士」が実は日本に帰化して、ここ花咲小路商店街に隠居中なのです―ダンディなご隠居が、手腕を活かして商店街の事件を解決。じんわり心温まるエンターテインメント。

出版社
商品紹介

泥棒稼業はとっくに引退したはずの老紳士。商店街の厄介事が気になり、昔取った杵柄の“泥棒”のワザで事件を解決してしまう。

おすすめコメント

ご隠居は、元・泥棒紳士!?ダンディなご隠居が、手腕を生かして商店街の事件を解決。じんわり心温まるエンターテインメント。その昔、イギリス中の美術品や金品を上流階級から盗み、現場には“saint”と刺繍された手袋を片方残すのみで捕まらなかった世紀の大泥棒。そんな「泥棒紳士」が実は日本に帰化して、ここ花咲小路商店街に隠居中なのです――

著者紹介

小路 幸也 (ショウジ ユキヤ)  
北海道生まれ。広告制作会社を経て、執筆活動へ。『空を見上げる古い歌を口ずさむ』で第29回メフィスト賞を受賞して作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)