• 本

「心が凹んだとき」に読む本

王様文庫 B123−1

出版社名 三笠書房
出版年月 2011年12月
ISBNコード 978-4-8379-6621-0
4-8379-6621-7
税込価格 628円
頁数・縦 204P 15cm

商品内容

要旨

自分の心とは、一生のおつきあい。だから、知っておきたい“いい気分”を充満させるコツ。誰かの一言がチクッと心に刺さったり、がんばりすぎて、疲れてしまったり、うまくいかなくて、落ち込んだり…。そんな“へこんだ心”を一瞬で元気にして、内側からぽかぽかと温めてくれる、上手な「気持ちの整理」術、満載。

目次

1章 「ほっ」と、前向きになれる―「心のへこみ」がまるくなるヒント
2章 あれこれ考えるより、“自然体”が一番―「ありのままの自分」を素直に出すには?
3章 ストレス知らずでハッピーに―“気持ちがつながる”とっておきの心理術
4章 「イライラ」「ムカッ」…をあっさり解消―「怒らないコツ」、お伝えします
5章 あせらず、あわてず、ていねいに―「心の大そうじ」で気持ちすっきり
6章 心の芯から癒される―「なんだか、疲れた〜」ときに効く言葉
7章 気分よく生きると、「いいこと」続々!―明日がもっと楽しみになる「心の習慣」

著者紹介

心屋 仁之助 (ココロヤ ジンノスケ)  
心理カウンセラー。兵庫県生まれ。上場企業の管理職として働いていたが、家族に起こった事件がきっかけとなり、心理療法を学びはじめる。それが原点となり、心理カウンセラーとして「自分を好きになる」「自信をつける」ための「性格改善」を専門とする活動をスタート。現在は京都を拠点にカウンセリングを行なうかたわら、全国各地でセミナー活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)