• 本

生鮮水産物の流通と産地戦略

出版社名 成山堂書店
出版年月 2011年11月
ISBNコード 978-4-425-88551-0
4-425-88551-1
税込価格 2,592円
頁数・縦 146P 22cm
シリーズ名 生鮮水産物の流通と産地戦略

商品内容

要旨

硬直している生鮮水産物流機構に、風穴をあける!はたして、その取り組みは成功しているのだろうか?生産者・販売者側の独りよがりになってはいないだろうか?産直、SCM、地域ブランドの取り組みなど、生鮮水産物の流通の変化と産地戦略の実態を探り、今後の生き残り戦略を提案する。

目次

第1章 生鮮水産物流通機構の概要と産地流通問題
第2章 直売所、産直、SCMの評価
第3章 地域ブランド化に関する評価
第4章 生鮮水産物輸出―タチウオの対韓輸出の効果と流通ビジネス
第5章 スーパーによる生鮮水産物システム化の困難さ
第6章 生鮮水産物流通における多段階システムの強さと問題点
終章 生鮮水産物流通の展望と産地戦略

著者紹介

濱田 英嗣 (ハマダ エイジ)  
1953年和歌山県生まれ。高崎経済大学経済学部卒。九州大学大学院博士課程単位取得退学。1984年長崎大学水産学部助手。1987年長崎大学水産学部助教授。1991年東京水産大学水産学部資源管理学科助教授。1998年下関市立大学経済学部教授。1987年農学博士(九州大学)。2003年漁業経済学会賞、地域漁業学会賞。現在、養殖生産管理高度化事業(消費対策)検討委員会(全国海水養魚協会)委員長、山口県卸売市場審議会委員、北九州市中央卸売市場開設運営協議会委員等々、社会的活動多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)