• 本

時代を読む 経済学者の本棚

出版社名 NTT出版
出版年月 2011年12月
ISBNコード 978-4-7571-2286-4
4-7571-2286-1
税込価格 2,640円
頁数・縦 297P 20cm

商品内容

要旨

歴史はやはり繰り返すのか。日本が今も漂う「失われた20年」とは。百数十冊の経済書が語る、書評の中の同時代批評。著者初めての書評集。

目次

地球の有限性―『地球環境と資源問題』森俊介
システムの効率が問われる時代―『資本主義のシステム間競争』今井賢一
二十一世紀経済の主役―『大接戦』レスター・C・サロー
ヨーロッパ統合への道―『二十のEC物語』横山三四郎
ストック不況―『複合不況』宮崎義一
バブル経済の制度的欠陥―『日本経済の再生』鈴木淑夫
過保護行政の罪―『誰が「日銀」を殺したか』鈴木正俊
ジャパン・プロブレム―『日本経済新論』日本経済新聞社編
サッチャーはここから何を学んだか―『隷属への道』フリードリヒ・A・ハイエク
出世とノルマ―『解体する「系列」と法人資本主義』奥村宏〔ほか〕

著者紹介

根井 雅弘 (ネイ マサヒロ)  
1962年宮崎県生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。京都大学大学院経済学研究科博士課程修了・経済学博士。現在、京都大学大学院経済学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)