• 本

藤十郎の恋・恩讐の彼方に

改版

新潮文庫 き−1−1

出版社名 新潮社
出版年月 2011年12月
ISBNコード 978-4-10-102801-9
4-10-102801-X
税込価格 649円
頁数・縦 369P 16cm
シリーズ名 藤十郎の恋

商品内容

要旨

元禄期の名優坂田藤十郎の偽りの恋を描いた『藤十郎の恋』、耶馬渓にまつわる伝説を素材に、仇討ちをその非人間性のゆえに否定した『恩讐の彼方に』、ほか『忠直卿行状記』『入れ札』『俊寛』など、初期の作品中、歴史物の佳作10編を収める。著者は創作によって封建性の打破に努めたが、博覧多読の収穫である題材の広さと異色あるテーマはその作風の大きな特色をなしている。

著者紹介

菊池 寛 (キクチ カン)  
1888‐1948。高松市生れ。1916(大正5)年、京大を卒業後、「時事新報」記者を勤めるかたわら、「恩讐の彼方に」等の短編小説を発表して、新進作家としての地位を確立した。さらに面白さと平易さを重視した新聞小説『真珠夫人』で、一躍、流行作家になった。その一方、鋭いジャーナリスト感覚から’23年、「文藝春秋」を創刊、文芸家協会会長等を務め、“文壇の大御所”と呼ばれた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)