• 本

踏みにじられた未来 御殿場事件、親と子の10年闘争

出版社名 幻冬舎
出版年月 2011年12月
ISBNコード 978-4-344-02113-6
4-344-02113-4
税込価格 1,320円
頁数・縦 195P 19cm

商品内容

要旨

2001年に発生した前代未聞の「女子高生レイプ未遂事件」。逮捕された少年たちのアリバイが成立するも、突如、被害者が犯行日を変更。それでもなぜか裁判は粛々と進められた…。人気女性キャスターがジャーナリスト生命を懸けてあぶり出した衝撃の真実。

目次

第1章 発端(収監
少女の告白

逮捕)
第2章 転機(自白
真実の告白
アリバイ
親と子の絆
少女のウソ)
第3章 闘争(信じられない訴因変更
矛盾
元裁判長への取材
保釈
新たな謎
一審判決
地裁の判断
高裁判決)
第4章 不審(疑惑の判決文
雨量ゼロの謎
降雨記録の検証
九月九日の御殿場
最後の闘い)
第5章 非情(失われた時間
それでも生きていく)

著者紹介

長野 智子 (ナガノ トモコ)  
1962年米国ニュージャージー州生まれ。上智大学外国語学部卒業後、85年にアナウンサーとしてフジテレビへ入社。90年結婚を機に退職しフリーとなる。その後、古舘プロジェクトに所属。95年からはニューヨークに拠点を移し、ニューヨーク大学大学院修士課程を修了。帰国後、2000年よりテレビ朝日系「ザ・スクープ」のキャスターになる。現在は「報道ステーションSUNDAY」のメインキャスターを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)