• 本

拡大する放射能汚染と法規制 穴だらけの制度の現状

早稲田大学ブックレット 「震災後」に考える 6

出版社名 早稲田大学出版部
出版年月 2011年12月
ISBNコード 978-4-657-11306-1
4-657-11306-2
税込価格 1,015円
頁数・縦 89P 21cm

商品内容

要旨

日々明らかになりつつある放射能汚染の実態。この国の政府・国会は私たち市民のいのちをどのように守ろうとしているのか。日弁連原子力PTメンバー弁護士が、法制度の現状と問題点を明らかにする。

目次

第1部 なぜ放射能はわかりにくいのか(放射能とは
放射能が人体に及ぼす影響の不確実性)
第2部 拡大する放射能汚染と法規制の現状(わが国における放射能規制の基本的事情
放射能の空間線量に関する規制
土壌汚染および放射性廃棄物に関する規制
食品汚染に関する規制
過去の放射能汚染との比較)

著者紹介

日置 雅晴 (ヒオキ マサハル)  
早稲田大学大学院法務研究科教授。弁護士(神楽坂キーストーン法律事務所)。1956年三重県に生まれる。1980年東京大学法学部卒業。司法修習34期。弁護士として主に都市環境問題等に関わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)