• 本

あんぽん 孫正義伝

出版社名 小学館
出版年月 2012年1月
ISBNコード 978-4-09-388231-6
4-09-388231-2
税込価格 1,760円
頁数・縦 399P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • あんぽん 孫正義伝

    ノンフィクション界の大御所・佐野眞一が、ソフトバンク・孫正義のルーツを朝鮮半島にまで遡って解き明かす。連載で注目を浴びた「週刊ポスト」の内容に、単行本化にあたって大幅加筆された。ここには、ビジネスパーソンとしてよりも“人間・孫正義”として描かれている。異端児ともいわれながら、規格外のスケールで次々とビジネスを展開していくその根源を知る思いがする。人の生涯はそれぞれに複雑で深いだろうが、これほどまでに濃密な生き様があるだろうか。いまや、多くの孫正義論が出版化されているが、本書はそのどれよりも抜きん出ている感じがしてやまない。孫正義が好きであってもそうでなくても、読んでみる価値のある一冊だと思う。

    (2012年5月30日)

商品内容

要旨

今から一世紀前。韓国・大邱で食い詰め、命からがら難破船で対馬海峡を渡った一族は、筑豊炭田の“地の底”から始まる日本のエネルギー産業盛衰の激流に呑みこまれ、豚の糞尿と密造酒の臭いが充満する佐賀・鳥栖駅前の朝鮮部落に、一人の異端児を産み落とした。孫家三代海峡物語、ここに完結。

目次

第1章 孫家三代海峡物語
第2章 久留米から米西海岸への「青春疾走」
第3章 在日アンダーグラウンド
第4章 ソフトバンクの書かれざる一章
第5章 「脱原発」のルーツを追って
第6章 地の底が育てた李家の「血と骨」
第7章 この男から目が離せない

出版社
商品紹介

貧しさのもと育ったソフトバンク社長・孫正義氏はいかに身を起こしたのか。著者が朝鮮半島に繋がる血のルーツまで遡って取材した本格評伝。

出版社・メーカーコメント

ここに孫正義も知らない孫正義がいる 今から一世紀前。韓国・大邱で食い詰め、命からがら難破船で対馬海峡を渡った一族は、豚の糞尿と密造酒の臭いが充満する佐賀・鳥栖駅前の朝鮮部落に、一人の異端児を産み落とした。 ノンフィクション界の巨人・佐野眞一が、全4回の本人取材や、ルーツである朝鮮半島の現地取材によって、うさんくさく、いかがわしく、ずる狡く……時代をひっかけ回し続ける男の正体に迫る。 “在日三世”として生をうけ、泥水をすするような「貧しさ」を体験した孫正義氏はいかにして身を起こしたのか。そして事あるごとに民族差別を受けてきたにも関わらず、なぜ国を愛するようになったのか。なぜ、東日本大震災以降、「脱原発」に固執するのか――。 全ての「解」が本書で明らかになる。

著者紹介

佐野 眞一 (サノ シンイチ)  
1947年、東京生まれ。早稲田大学文学部を卒業後、出版社勤務を経てノンフィクション作家に。97年『旅する巨人宮本常一と渋沢敬三』で第28回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。09年『甘粕正彦 乱心の曠野』で第31回講談社ノンフィクション賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)