• 本

カソウスキの行方

講談社文庫 つ31−2

出版社名 講談社
出版年月 2012年1月
ISBNコード 978-4-06-277044-6
4-06-277044-X
税込価格 540円
頁数・縦 179P 15cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 恋愛しない、しているつもりの恋愛小説

    カソウスキ?何だろうと思っていたら仮想好き。別に恋愛がしたいわけではない、嫌な仕事から現実逃避するために同僚を好きになったと仮定して過ごしてみる。何だか新しい。恋愛していないのに、しているつもりなだけなのに恋愛小説。潔くて不器用で読んでいて気持ちがいい。ハロゲンヒーターの暖かさが嬉しくて涙が出そうになるがすぐにその感情を自己否定する。何て愛おしいのだろう。表題作だけでなく他2編も素晴らしく何げない文章の端々に共感やら納得やら心が軽くなる成分が含まれており沁み入る。「ポトスライムの舟」や「ワーカーズ・ダイジェスト」など素晴らしい作品を書いているが個人的には本作が彼女の作品の中で一番好き。

    (2012年1月21日)

商品内容

要旨

不倫バカップルのせいで、郊外の倉庫に左遷されたイリエ。28歳、独身、彼氏なし。やりきれない毎日から逃れるため、同僚の森川を好きになったと仮定してみる。でも本当は、恋愛がしたいわけじゃない。強がっているわけでもない。奇妙な「仮想好き」が迎える結末は―。芥川賞作家が贈る、恋愛“しない”小説。

出版社・メーカーコメント

不倫バカップルのせいで、郊外の倉庫に左遷されたイリエ。28歳、独身、彼氏なし。やりきれない毎日から逃れるため、同僚の森川を好きになったと仮定してみる。でも本当は、恋愛がしたいわけじゃない。強がっているわけでもない。奇妙な「仮想好き(カソウスキ)」が迎える結末は――。芥川賞作家が贈る、恋愛“しない”小説。

著者紹介

津村 記久子 (ツムラ キクコ)  
1978年大阪府生まれ。2000年4月より会社員。’01年初頭より失業。同年末より現在まで、再び会社員。’05年『マンイーター』(『君は永遠にそいつらより若い』に改題、ちくま文庫)で太宰治賞を受賞し作家デビュー。’08年『ミュージック・プレス・ユー!!』(角川文庫)で野間文芸新人賞、’09年『ポトスライムの舟』(講談社文庫)で芥川賞、’11年『ワーカーズ・ダイジェスト』(集英社)で織田作之助賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)