• 本

人と技術で語る天気予報史 数値予報を開いた〈金色の鍵〉

出版社名 東京大学出版会
出版年月 2012年1月
ISBNコード 978-4-13-063709-1
4-13-063709-6
税込価格 3,672円
頁数・縦 299P 20cm

商品内容

要旨

「天気晴朗ナレドモ浪高し」。時代の背後に響く天気予報の鼓動。コンピュータの発明は予報技術をいかに変えたのか。

目次

第1章 天気予報の黎明
第2章 岡田武松のロマン
第3章 太平洋戦争の渦
第4章 「正野スクール」
第5章 数値予報の源流
第6章 プリンストン・グループ
第7章 日本初の大型電子計算機
第8章 第1回数値予報国際シンポジューム
第9章 天気野郎の頭脳流出
第10章 21世紀の天気予報

出版社
商品紹介

天気予報の黎明期から現代までの変遷を、東西の先駆者たちの活躍とコンピュータの発明・発展をふまえてひも解く。

著者紹介

古川 武彦 (フルカワ タケヒコ)  
1940年滋賀県生まれ、気象庁研修所高等部(現気象大学校)および東京理科大学物理学科卒業。理学博士。気象研究所主任研究官、気象庁予報課長、札幌管区気象台長、日本気象学会理事などを経て、現在「気象コンパス」主催。これまで中央大学兼任講師、東邦大学講師、早稲田大学エクステンションセンター講師などを歴任。日本気象学会・日本海洋学会・日本地震学会・日本航海学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)