• 本

蕩尽する中世

新潮選書

出版社名 新潮社
出版年月 2012年1月
ISBNコード 978-4-10-603696-5
4-10-603696-7
税込価格 1,430円
頁数・縦 254P 20cm

商品内容

要旨

わが国の中世は、地方から吸いあげた富を蕩尽することから始まった。過剰なまでの消費を支えた政治・経済システムとは一体どんなものだったのか。平氏の物流戦略、知識人の清貧礼讃、鎌倉御家人の複雑極まる金融操作、そして悪党の経済力の本質とは?「蕩尽」という一見非合理な消費性向に着目し、院政期から応仁の乱に至る400年の流れを見つめ直す。

目次

第1章 限りなく消費する―院政期
第2章 財貨をいかに徴収するか―武家社会の始まり
第3章 隠遁文学の思想―鎌倉時代(一)
第4章 御家人千葉氏を支える人々―鎌倉時代(二)
第5章 悪党の肖像―南北朝時代
第6章 蕩尽から再生産へ―室町時代

出版社
商品紹介

日本の中世は富を蕩尽する時代だった。平氏の物流戦略、御家人の金融操作、悪党の経済力の本質など、「富のあり方」から見つめ直す新たな中世400年史。

著者紹介

本郷 恵子 (ホンゴウ ケイコ)  
1960年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。現在、東京大学史料編纂所教授(専攻は日本中世史)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)