• 本

共喰い

出版社名 集英社
出版年月 2012年1月
ISBNコード 978-4-08-771447-0
4-08-771447-0
税込価格 1,080円
頁数・縦 140P 20cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 都知事も戦慄する衝撃作

    芥川賞受賞会見で、人を喰った受け答えで話題を呼び、都知事も反応してまさに共喰いになりました。内容は女性でなくとも、嫌悪を感じるものではありますが、父子関係の微妙な感じを巧みに描写し、主人公の心の動きもよくとらえています。これが言い訳小説を書いていた田中慎弥かと思うくらいの迫力があります。ニートをやめたのか、会見は演技かと思うほどです。同時収録の第144回芥川賞候補作「第三紀層の魚」と読み比べてください。違い歴然。

    (2012年1月25日)

商品内容

文学賞情報

2011年 第146回 芥川賞受賞

要旨

欲望は、すべて水に還る。少年たちの愛の行方と血のいとなみ。川辺の町で起こる、逃げ場のない血と性の濃密な物語を描いた表題作と、死にゆく者と育ってゆく者が織りなす太古からの日々の営みを丁寧に描いた「第三紀層の魚」を収録。第146回(平成23年度下半期)芥川賞受賞作。

出版社・メーカーコメント

女を殴る父と、同じ目をした、俺。川辺の町で暮らす17歳の少年。セックスの時に暴力を振るうという父親の習性を受け継いでいることを自覚し、懼れ、おののく…。逃げ場のない、濃密な血と性の物語。第146回芥川賞受賞作。

著者紹介

田中 慎弥 (タナカ シンヤ)  
1972年山口県生まれ。山口県立下関中央工業高校卒業。2005年「冷たい水の羊」で第37回新潮新人賞受賞。2008年「蛹」により第34回川端康成文学賞を受賞、同年に「蛹」を収録した作品集『切れた鎖』で第21回三島由紀夫賞受賞。「共喰い」で第146回(平成23年度下半期)芥川龍之介賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)