• 本

武井武雄のこけし

出版社名 パイインターナショナル
出版年月 2012年2月
ISBNコード 978-4-7562-4200-6
4-7562-4200-6
税込価格 2,420円
頁数・縦 207P 21cm

商品内容

要旨

幻の木版画『愛蔵こけし図譜』全60枚を、美しい色彩で完全収載。蔵書票・刊本作品・ミニアチュール…「こけし熱狂時代」と自ら名付けたほど愛した、こけしにまつわるさまざまな作品から、武井武雄の仕事と思想が浮かび上がる。

目次

こけしのエトセトラ(刊本作品のこと
人生切手
蔵書票
木版画
東京こけし友の会
おもちゃ絵諸國めぐり
本の装丁
その他の作品
ミニアチュール)
刊本作品KOKESHI
愛蔵こけし図譜
附録(小芥子雑感
こけし通信)

著者紹介

武井 武雄 (タケイ タケオ)  
1894‐1983。長野県平野村(現・岡谷市)の地主の子として生まれる。東京美術学校(現・東京藝術大学)西洋画科を卒業後、児童向けの絵雑誌の挿絵を描きはじめ、1922年創刊の児童雑誌「コドモノクニ」には企画から参加してタイトル・表紙デザインを担当する。その後多くの児童書の装丁・挿画・物語を手がけている。画業と平行して、“本の宝石”といわれる刊本作品でさまざまな新しい表現を試み、生涯で139冊の本の美術を生み出した。一方、池袋の自宅“蛍の塔”で、日本の郷土玩具を蒐集・研究した。とくにこけし蒐集には力を注ぎ、蒐集家からも高く評価されている。自案の創作玩具「イルフ・トイス」も定期的に発表するなど、児童文化に多大な貢献をした人物である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)