• 本

瞑る花嫁 柚木春臣の推理

出版社名 双葉社
出版年月 2012年2月
ISBNコード 978-4-575-23742-9
4-575-23742-6
税込価格 1,540円
頁数・縦 389P 19cm

商品内容

要旨

ユキ(柚木)、タカシ、徹はアルバイトで山梨の旧家を訪れた。稀代の好事家・河原崎憲明が遺したのは、男女一対の骸骨を王と女王に戴く“驚異の部屋”と身元不明の美少女だった。遺産を巡る争いの中で起こる奇怪な殺人事件。因縁がさらなる因縁を呼び、怨念が新たな怨念を呼ぶ!時を超え、死者がチェンバロを奏でるとき、ユキの眸が金茶色に光る。

出版社
商品紹介

資産家河原崎家の当主憲明翁が死去した。思わぬ連続殺人事件に巻きこまれた柚木は、その明晰な頭脳で推理する。

著者紹介

五代 ゆう (ゴダイ ユウ)  
奈良県出身。大学在学中、第4回ファンタジア長編小説大賞(富士見書房主催)に応募し、『はじまりの骨の物語』で入選。同賞初の大賞受賞者となった。同作品の出版に先駆け、『虚神の都』(月刊ドラゴンマガジン1993年4月号掲載)で作家デビューを果たす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)