• 本

三匹のおっさん

文春文庫 あ60−1

出版社名 文藝春秋
出版年月 2012年3月
ISBNコード 978-4-16-783101-1
4-16-783101-5
税込価格 751円
頁数・縦 443P 16cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 60越えても「おっさん」です。

    いくつになっても変わらないのはなんだろう。まだまだがんばれる「おっさん」たちが巻き起こす、有川浩が手がけた痛快活劇シリーズ第一弾! 「おっさん」のイメージが変わる…かも。「おっさん」や身近に「おっさん」が居る人にオススメです。(横手清陵学院高校インターンシップ 丹宣明 )

    (2012年8月2日)

商品内容

要旨

還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか、とかつての悪ガキ三人組が自警団を結成。剣道の達人・キヨ、柔道の達人・シゲ、機械いじりの達人の頭脳派・ノリ。ご近所に潜む悪を三匹が斬る!その活躍はやがてキヨの孫・祐希やノリの愛娘・早苗にも影響を与え…。痛快活劇シリーズ始動。

著者紹介

有川 浩 (アリカワ ヒロ)  
高知県生まれ。2004年、第10回電撃小説大賞“大賞”受賞作『塩の街』でデビュー。続く『空の中』『海の底』と共に通称「自衛隊三部作」として注目を集める。「図書館戦争」シリーズは本編完結後もアニメ化などで大ブレイクを続け、その作品は多分野にわたり話題を呼んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)