• 本

野口さん、宇宙ってどんなにおいですか?

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2012年3月
ISBNコード 978-4-02-250824-9
4-02-250824-8
税込価格 1,650円
頁数・縦 159P 21cm

商品内容

要旨

日本一宇宙が好きになってしまったアナウンサーが、きっかけとなったあこがれの宇宙飛行士にあれやこれや聞いた。twitterで話題となった宇宙からの写真も多数収録。

目次

第1章 今日の宇宙はどんな色?
第2章 そもそも宇宙に行くって、どういうことなんですか?(私が宇宙にはまったヒューストン
シンプルでエコなソユーズ宇宙船 ほか)
第3章 いざ打ち上げ!そして宇宙船はISSへ(発射まで4時間、宇宙まで9分
カメラに映さない時間のワケは? ほか)
第4章 宇宙の暮らしってどんな様子ですか?(野口さん、宇宙ってどんなにおいですか?
長期滞在、最初はやはり宇宙に「酔う」? ほか)
第5章 宇宙のお仕事のこと、ぜんぶ教えてください(ISSでの1日のスケジュールは?
宇宙飛行士は灯台守なんです ほか)
第6章 地球に帰ってきた後って、どうなるんですか?(さよなら、ISS、また来るよ!
そして宇宙船は火の玉に ほか)

出版社
商品紹介

宇宙にハマったテレビ東京のアナウンサー・大江麻理子が、宇宙飛行士・野口聡一さんに思う存分聞く対談集。

著者紹介

野口 聡一 (ノグチ ソウイチ)  
1965年神奈川県生まれ。1996年宇宙飛行士候補者に選定され、2005年にスペースシャトルのクルーとして宇宙初飛行、日本人で初めて国際宇宙ステーション(ISS)で船外活動を行う。2009年12月にソユーズ宇宙船に搭乗し二度目の宇宙飛行、翌年6月に帰還するまでISSに163日滞在した。宇宙滞在通算177日は日本人最長記録である
大江 麻理子 (オオエ マリコ)  
福岡県生まれ。2001年テレビ東京に入社。報道からバラエティまで幅広い活動をみせる。現在、毎週木曜よる9時54分から放送中の『宇宙ニュース』では宇宙キャスターとして毎回宇宙にまつわる話題を伝えている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)