• 本

本当に役立つ!ピアノ練習法74 17人の指導者が実践する最強のトレーニング

ピアノスタイル

出版社名 リットーミュージック
出版年月 2012年3月
ISBNコード 978-4-8456-2050-0
4-8456-2050-2
税込価格 1,980円
頁数・縦 143P 21cm

商品内容

要旨

効率良く譜読みをする方法、暗譜がしやすくなる方法、音符の認識力をアップさせる方法、指使いで悩まなくなる方法、小さい手を広げる方法、日々の練習を楽しむ方法、テンポをキープする方法、練習効率を上げる方法、指を思い通りに動かすための練習法、スケールをなめらかに弾く方法、トリルを綺麗に聴かせる方法、落ち着いて演奏会に挑む方法、ほか全74種。

目次

第1章 基礎力アップ編(指の正しい使い方を知る方法
親指を第3関節から使えるようにする方法
指を強化する方法 ほか)
第2章 テクニック強化編(指を思い通りに動かすための練習法
5本の指を自由にコントロールする方法
スケールをなめらかに弾く方法 ほか)
第3章 表現力アップ編(長く伸ばした音に意識を保つ方法
モチベーションを保って曲を仕上げる方法
曲に想像性を持たせて演奏に活かす方法 ほか)

著者紹介

荒尾 岳児 (アラオ ガクジ)  
神奈川県相模原市生まれ。東京大学文学部卒業。東京芸術大学大学院修士課程作曲専攻修了。室内楽やオーケストラのための作品を発表するかたわら、アンサンブル・ピアニストとしての活動にも意欲的であり、室内楽・声楽伴奏や新作初演を多数行っている。現在東京音楽大学准教授、東京芸術大学講師。日本音楽学会、日本現代音楽協会各会員、日本ソルフェージュ研究協議会理事
伊賀 あゆみ (イガ アユミ)  
ピアニスト。東京音楽大学卒業、同大学院伴奏コース修了。イギリス王立音楽院短期留学。全日本学生音楽コンクール高校の部第2位。ピティナ・ピアノコンペティションG級(95年)と特級(98年)で金賞受賞。2000年のCDデビューを機に全国でソロやアンサンブルのコンサート活動を行う。クラシックやポピュラー、ジャズなど様々なジャンルのレコーディングは500曲以上。雑誌『ピアノスタイル』(リットーミュージック刊)ではコラムも執筆
石井 愛二 (イシイ アイジ)  
国立音楽大学卒業、ショパン音楽院夏期講座ディプロマ取得。ソロ・リサイタル等、各地で演奏を行う。指導者として、全日本学生音楽コンクール全国大会、青少年のためのエトリンゲン国際ピアノコンクール、東京音楽コンクールなど数々の国内外のコンクールで上位入賞者を輩出する。全日本ピアノ指導者協会で14年連続指導者賞受賞、正会員。全日本ピアノ指導者協会、ショパン国際コンクールin ASIAなどの審査員を務める。全日本アールンピアノコンペティション、日本ベートーヴェンコンクール、全日本全楽器音楽コンクール代表
稲岡 千架 (イナオカ チカ)  
東京音楽大学ピアノ演奏家コース、マンハイム国立音楽芸術大学芸術家育成コース、ソリストコースをDAAD(ドイツ政府学術交流会)特別奨学生として最優秀で卒業。国家演奏家資格を授与される。マンハイム・モーツァルトコンクール全部門総合優勝。バーデンヴュルテンベルク州政府新年会、モーツァルト・ガラ・コンサート等出演。SWRドイツ南西ラジオで放送される。ヒルデスハイム劇場オーケストラ、韓国室内オーケストラなどと共演。ソロ、室内楽奏者として充実した演奏活動を行っている
上野 可那子 (ウエノ カナコ)  
東京音楽大学附属高等学校、同大学ピアノ専攻卒業。在学中よりポピュラー、ジャズ、ソウルなどのライヴ活動や創作活動など、さまざまなジャンルの音楽活動を行う。卒業後は、ヤマハ音楽教室システム講師として、子供たちへの指導にあたっている。また、新日本フィルハーモニー楽団ヴィオラ奏者吉鶴洋一との共演や、ジョイント・リサイタルを開催するなど、演奏活動にも力を注ぐ一方、作曲やアレンジ等、制作活動にも積極的に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)