• 本

習近平 共産中国最弱の帝王

出版社名 文藝春秋
出版年月 2012年3月
ISBNコード 978-4-16-374990-7
4-16-374990-X
税込価格 1,540円
頁数・縦 319P 19cm

商品内容

文学賞情報

2012年 第7回 樫山純三賞受賞

要旨

派閥の妥協の結果、たまたま選ばれた「お坊ちゃん(太子党)」習近平。政治手腕は未知数。最大のブレーンは母親。妻は超人気美人シンガーにして現役の人民解放軍少将。対日政策は江沢民より厳しいといわれる強硬派。利権のしがらみの真っ只中で、軍と歩調を合わせながら、習近平は中国をどう変えるのか。謎に満ちた半生をたどり、民主化への対応、経済政策、人脈から学歴詐称疑惑、サッカー大国化計画まで、次なる中国のすべてがわかる決定版伝記。

目次

第1部 習近平はなぜ選ばれたのか(習近平はどんな人物なのか
指導者はどのように選ばれるか
太子党とはなにか
長老政治が復活するのか
権力闘争激化で不安定な時代へ
派閥対抗はどう変遷するのか)
第2部 謎に満ちた習近平の人間像(波瀾万丈の家族史
青春期の原点を訪ねて
浮上する学歴詐称疑惑
性格のわかるエピソード
政治人生を支えた家族
趣味と仲間たち)
第3部 習近平時代の中国はどうなるのか(習近平は軍を掌握できるのか
中国の外交は強硬路線に転じるのか
少数民族問題は命取りになるのか
言論統制はいつまでできるのか
習近平時代の中国は崩壊するのか)

出版社
商品紹介

胡錦濤の次が決定的になった中国の新しい指導者は何を目指すのか。前半生の秘密と政策の転換点を探り、中国の近未来を占う必読の辛口伝記。

著者紹介

矢板 明夫 (ヤイタ アキオ)  
産経新聞中国総局(北京)特派員。1972年中国天津市生まれ。15歳の時に残留孤児2世として日本に引き揚げ。千葉県出身。1997年慶応義塾大学文学部卒業。同年、松下政経塾に入塾(第18期)、アジア外交が研究テーマ。その後、中国社会科学院日本研究所特別研究員、南開大学非常勤講師も経験。2002年中国社会科学院大学院博士課程修了後、産経新聞社に入社。さいたま総局記者などを経て07年から現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)