• 本

移住者が暮らしやすい社会に変えていく30の方法

出版社名 合同出版
出版年月 2012年3月
ISBNコード 978-4-7726-0389-8
4-7726-0389-1
税込価格 1,512円
頁数・縦 143P 21cm

商品内容

目次

第1章 日本社会で生きる移住者の現実(コンビニが成り立っているのは移住者のおかげ?!
大震災が起きたとき、とっても不安になっている移住者たち ほか)
第2章 日本社会のなかで「移民」はどう変わったか(かつて日本は移民送り出し国だった
苦難を乗り越え、この地で暮らしてきた ほか)
第3章 移住者の悩みと願い(来日外国人犯罪対策と「私たち」
移住者が参政権を求めるこれだけの理由 ほか)
第4章 移民社会をつくるためのしくみ(多文化主義・移民社会へのチャレンジ
こんなにある、移住者の権利を守るための国際条約 ほか)
第5章 移住者と一緒に理解し、行動してみよう(イスラム教徒とともに生きる
移住者の現実と願いを伝えるエスニック・メディア ほか)

出版社・メーカーコメント

日本には多くの移住者が生活し、彼らの2世、3世が生まれ、育っています。 たとえば、東京・新大久保のように、「韓流」を本場さながらに体感できる、熱気あふれるコリアンタウンがあったり、横浜や神戸・南京町、長崎には大きな中華街があります。 日本はすでに、多民族社会であるといえるでしょう。 本書には、移住者の人たちが、日本で暮らしていくのに、どんな問題があるのかを知り、どうすれば、もっと魅力にあふれた移民社会にできるかが、よくわかるでしょう。