• 本

戦後前衛映画と文学 安部公房×勅使河原宏

出版社名 人文書院
出版年月 2012年2月
ISBNコード 978-4-409-10030-1
4-409-10030-0
税込価格 4,968円
頁数・縦 361P 20cm

商品内容

文学賞情報

2013年 第18回 日本比較文学会賞受賞

要旨

旺盛な執筆活動の一報、言語と映像の弁証法という視点からリアリズムや記録芸術に取り組んだ安部公房は、その最盛期を、勅使河原宏監督とともに駆け抜けた。原作者・脚本家としての安部公房と解釈者・映像作家としての勅使河原宏。彼らがのこした作品(小説・シナリオ・映画・写真・絵画)を、協働(コラボレーション)の角度から多面的かつ往還的に読解していく。安部公房研究にまったく新しい視点を投げかける意欲作であるとともに、モンタージュ論、ドキュメンタリー論など、映像論、映画論研究のうえでも、重要な著作となる。

目次

第1章 協働の序幕
第2章 文学と映画の弁証法
第3章 記録と幻想の地底から―『おとし穴』論
第4章 流動する風景と身体―『砂の女』論
第5章 身体の変貌と言語―小説『他人の顔』論
第6章 映像のなかの原爆乙女―映画『他人の顔』論
第7章 映画的手法の小説化―『燃えつきた地図』論

著者紹介

友田 義行 (トモダ ヨシユキ)  
1979年、奈良県生まれ。立命館大学大学院文学研究科日本文学専攻博士課程後期課程修了。博士(文学)。現在、立命館大学・京都橘大学・花園大学非常勤講師、立命館大学国際言語文化研究所客員研究員。2012年度より日本学術振興会特別研究員(PD)。日本近現代文学・映画研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)