• 本

貧乏人の経済学 もういちど貧困問題を根っこから考える

出版社名 みすず書房
出版年月 2012年4月
ISBNコード 978-4-622-07651-3
4-622-07651-9
税込価格 3,240円
頁数・縦 370,32P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • マイクロファイナンスは本当に上手くいっているのか?

    「マイクロファイナンスは本当に上手くいっているのか?」「ダメな制度の悪循環を破る方法の一つは外から変化を輸入することである。国の運営も然り。できる人・国にアウトソーシングすればよいのでは。」等等、様々な観点から、またデータから貧困に関する問題を根っこから考えています。翻訳はあの山形浩生氏です。

    (2013年2月22日)

商品内容

要旨

貧困研究は、ここまで進んだ。単純な図式(市場vs政府)を越えて、現場での精緻な実証実験が明かす解決策。

目次

もう一度考え直そう、もう一度
第1部 個人の暮らし(10億人が飢えている?
お手軽に(世界の)健康を増進?
クラスで一番
パク・スダルノの大家族)
第2部 制度(はだしのファンドマネージャ
カブールから来た男とインドの宦官たち
レンガひとつずつ貯蓄
起業家たちは気乗り薄 ほか)

出版社
商品紹介

「貧乏な人たちに耳を傾け、その選択の論理を理解し」「あらゆる問題を一般原理に還元する紋切り型を拒絶した」新・開発経済学入門。

著者紹介

バナジー,アビジット V. (バナジー,アビジット V.)   Banerjee,Abhijit V.
カルカッタ大学、ジャワハラル・ネルー大学、ハーバード大学で学び、現在はマサチューセット工科大学(MIT)で経済学のフォード財団国際教授を務める。開発経済分析研究所(Bureau for Research and Economic Analysis of Development)元所長、NBERの研究員、CEPR研究フェロー、キール研究所国際研究フェロー、全米芸術科学アカデミーおよび計量経済学会のフェロー、グッゲンハイム・フェロー、アルフレッド・P・スローン・フェローも歴任
デュフロ,エスター (デュフロ,エスター)   Duflo,Esther
MIT経済学部で貧困削減開発経済学担当のアブドゥル・ラティーフ・ジャミール教授。パリの高等師範学校とMITで学び、博士号取得とともにMIT助教となって現在に至る。全米芸術科学アカデミーおよび計量経済学会のフェロー。2010年には40歳以下で最高のアメリカの経済学者に授与されるジョン・ベイツ・クラークメダル、2009年にはマッカーサー「天才」フェローシップ、2010年初代カルヴォ・アルメンゴル国際賞(Calvo‐Armengol International Prize)など受賞歴多数
山形 浩生 (ヤマガタ ヒロオ)  
1964年東京生まれ。東京大学都市工学科修士課程およびMIT不動産センター修士課程修了。大手調査会社に勤務、途上国援助業務のかたわら、翻訳および各種の雑文書きに手を染める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)