• 本

白い線

新装改訂版

出版社名 大和書房
出版年月 2012年4月
ISBNコード 978-4-479-88041-7
4-479-88041-0
税込価格 2,640円
頁数・縦 303P 18cm
シリーズ名 白い線

商品内容

要旨

「暗夜行路」へ通じる静かな哀しみを記した「実母の手紙」、戦後日本がまざまざと蘇える「灰色の月」など、四十二篇を収録。

目次

白い線
実母の手紙
妙な夢
自転車
朝顔
夫婦
衣食住
今度のすまい
耄碌
八手の花
オペラ・グラス
少年の日の憶い出
老廃の身
蓮花話
灰色の月
銅像
鈴木さん
玄人素人
閑人妄語
あの頃
紀元節

動物小品
山鳩
目白と鵯と蝙蝠
雀の話
草津温泉
熱海と東京
尾の道・松江
東京散歩
加賀の潜戸
愛読書回顧
楽屋見物
美術の鑑賞について
赤い風船
首尾の松
ヴィーナスの割目
私の空想美術館
夢か
沓掛にて―芥川君のこと
小林多喜二への手紙
太宰治の死

おすすめコメント

「暗夜行路」へ通じる静かな哀しみを記した「実母の手紙」、戦後日本がまざまざと蘇える「灰色の月」など、ほか四十三篇を収録。

著者紹介

志賀 直哉 (シガ ナオヤ)  
1883年2月20日、宮城県陸前石巻町(現在の石巻市住吉町)に、財界の重鎮・志賀直温の次男として生まれる。1889年、学習院初等科に入学、後に内村鑑三に師事する。1906年、東京帝国大学文科大学英文学学科に入学。1910年、学習院で同級だった武者小路実篤、木下利玄、里見〓(とん)、柳宗悦、有島武郎、有島生馬らと同人誌「白樺」を創刊。同年、東京帝国大学を中退。以後は作家生活に入り、作品を発表。1947年日本ペンクラブ会長に就任。1949年、文化勲章を受章。1971年10月21日死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)