• 本

最後の恋MEN’S つまり、自分史上最高の恋。

新潮文庫 し−21−4

出版社名 新潮社
出版年月 2012年6月
ISBNコード 978-4-10-125055-7
4-10-125055-3
税込価格 649円
頁数・縦 363P 16cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 新潮社の恋愛アンソロジーシリーズ。今回は7人の男性作家の競演。有名作家から話題の新鋭そして個人的に好きな作家と非常に豪華なラインナップ。伊坂や橋本は非常に「らしく」、石田や白石、荻原といったベテランも読み応え充分。ただ個人的ベストは朝井リョウの「水曜日の南階段はきれい」素晴らしい作品たちの中でも飛び抜けており輝いている。

    (2012年6月8日)

商品内容

要旨

男は、とっておきの恋ほど誰にも見せない。本当の恋のクライマックスは、自分の心だけが知っている。忘れられない、忘れたくない気持ちはきっと、ひとりで大切にするものと解っているから―男たちがどこか奥のほうにしまいこんだ「本気の恋」。7人の作家が描き出すのは、女には解らない、ゆえに愛すべき男心。恋人たちの距離を少しずつ、でも確かに近づける究極の恋愛アンソロジー。

出版社・メーカーコメント

男なら、とっておきの恋は誰にも見せない。女には解らない、ゆえに愛すべき男心を7人の作家が描き出す、究極の恋愛アンソロジー。