• 本

新しい「マイケル・ジャクソン」の教科書

新潮文庫 に−26−1

出版社名 新潮社
出版年月 2012年6月
ISBNコード 978-4-10-136261-8
4-10-136261-0
税込価格 781円
頁数・縦 458,10P 16cm

商品内容

要旨

世紀のスーパースター、マイケル・ジャクソン。その音楽と生涯に鋭く迫る。類いまれな才能で少年時代から兄弟とともに芸能界で活躍。やがてソロとなり、『スリラー』で前人未到の驚異的ヒットを成し遂げる。だが巨大な成功を収めた彼は、次第にマスコミの批判や偏見に晒され、人間不信やスキャンダルに苦しむことに―。緻密な調査と深い敬愛に裏打ちされた、マイケル研究の決定版。

目次

第1章 MICHAEL JACKSON1958‐1968―「ゲイリー・インディアナ」期(故郷―ゲイリー、インディアナ
父親―ジョー・ジャクソンの野望 ほか)
第2章 MICHAEL JACKSON1969‐1975―「ザ・ジャクソン・ファイヴ」期(進展―モータウン・レコードの誘惑
契約―書類の中身 ほか)
第3章 MICHAEL JACKSON1976‐1981―「ザ・ジャクソンズ」期(脱出―新しい約束
決裂―ふたりの父親 ほか)
第4章 MICHAEL JACKSON1982‐1984―「マイケル・ジャクソン」期(開始―ウェストレイク・スタジオ1982
共演―あの娘はぼくのもの ほか)
第5章 MICHAEL JACKSON1985‐1992―「20世紀のキング・オブ・ポップ」期(飢餓―彼らはクリスマスを知っているのか
依頼―「作詞・作曲家」 ほか)
第6章 MICHAEL JACKSON1993‐2009―「21世紀のキング・オブ・ポップ」期(告白―白斑症について
連鎖―偏見のスパイラル ほか)

出版社・メーカーコメント

世界を魅了したスーパースターが遺した偉大な音楽と、その50年の生涯を丁寧な語り口で解説。一冊でマイケルのすべてがわかる本。

著者紹介

西寺 郷太 (ニシデラ ゴウタ)  
1973(昭和48)年、東京生れ。京都で育つ。早稲田大学在学時に出会った奥田健介、小松シゲルと共に結成したバンド、ノーナ・リーヴスのシンガーとして’97(平成9)年メジャー・デビュー。現在までに「ワーナー・ミュージック・イヤーズTHE BEST OF NONA REEVES 1997‐2001」「コロンビア&徳間イヤーズTHE BEST OF NONA REEVES 2002‐2009」の他、カヴァー・アルバム「Choice」シリーズなど、多数の作品を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)