• 本

公的扶助論 低所得者に対する支援と生活保護制度

出版社名 光生館
出版年月 2012年3月
ISBNコード 978-4-332-60101-2
4-332-60101-7
税込価格 2,592円
頁数・縦 235P 26cm
シリーズ名 公的扶助論

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

社会福祉士と精神保健福祉士の試験科目「低所得者に対する支援と生活保護制度」および社会福祉主事養成に係る「生活保護制度」の国が定めるシラバスや出題基準等も調整し、いずれの学習内容にも適した参考書として編集。福祉事務所等で遭遇する多くの事例も取りあげ、実務的対応のヒントとなるよう、実務者の学習や公務員の研修にも活用していただけるよう配慮した。巻末に多くの資料を掲載し、学習の便宜を図った。

目次

公的扶助とは 現代社会における公的扶助の意義と役割
公的扶助の理念と制度の史的展開過程
生活保護法の目的、基本原理、運用上の原則
生活保護の種類、内容及び方法
生活保護の基準と最低生活保障水準
保護施設
保護の実施体制と財源
被保護者の権利義務
不服申立
保護実施の実際
生活保護の動向
他の低所得者対策
自立支援プログラム等の政策動向と生活保護制度

著者紹介

宇山 勝儀 (ウヤマ カツヨシ)  
群馬医療福祉大学大学院教授
船水 浩行 (フナミズ ヒロユキ)  
東海大学准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)