• 本

天鏡のアルデラミン ねじ巻き精霊戦記

電撃文庫 2353

出版社名 アスキー・メディアワークス
出版年月 2012年6月
ISBNコード 978-4-04-886559-3
4-04-886559-5
税込価格 671円
頁数・縦 339P 15cm
シリーズ名 天鏡のアルデラミン

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 本年度「このライトノベルがすごい!」ランキングで堂々の2位を獲得した作品。どれほどのものかと思い、読まずにはいられませんでした。斜陽の帝国にて、臣民として生きる主人公イクタたち。彼らは、それぞれのかかえる事情により、帝国軍の採用試験を受けることとなります。しかし試験会場に向かう船の上で、まさかのトラブルが発生。予想外の苦難が彼らを襲います。主人公イクタの奇抜な発想と、それぞれの特技を生かして、困難を乗り越える一行。その後に待ち受ける数奇な運命。怒涛の展開が彼らを、そして読者を翻弄します。とはいえ、戦術レベルでの面白味はあるものの、どちらかと言えば地味な印象。(むしろイクタの年上好き、色好みな部分は、ラノベ的には異端なきらいも)軍記物として読めば、佳作といったところか? と思いつつ読み進みました。その感想を、いい意味で裏切られたのが、第1巻のラスト。思わず息をのまずにはいられませんでした。それは、ありそうでなかった。確かに、皇女シャミーユとイクタの二人でなければ、成しえない偉業。帝国という枠の中、世界観に生きる全ての人たちには、たとえ思いついたとしても実行不可能。――でも、僕たちは、偶然

    …続きを見る

    (2013年12月5日)

おすすめコメント

のちに名将と呼ばれる少年──。その半生を描く壮大な架空戦記 隣接するキオカ共和国と戦争状態にある大国、カトヴァーナ帝国。その一角に、とある事情で嫌々、高等士官試験を受験しようとしている、一人の少年がいた。彼の名はイクタ。 戦争嫌いで怠け者で女好き。そんなイクタが、のちに名将とまで呼ばれる軍人になろうとは、誰も予想していなかった……。 戦乱渦巻く世界を、卓越した才で生き抜くイクタ。その波瀾万丈の半生を描く、壮大なファンタジー戦記、いよいよ開幕!