• 本

魔性の子

新潮文庫 お−37−51 十二国記

出版社名 新潮社
出版年月 2012年7月
ISBNコード 978-4-10-124051-0
4-10-124051-5
税込価格 781円
頁数・縦 491P 16cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 「十二国記」、ここに開幕。
    シリーズ最終刊行より約11年の時を経て、「十二国記」が全作、順次刊行されます。挿絵も新たに描き下ろされて、カバー裏には各話のキーとなる霊獣や妖獣のモチーフ、そして背表紙には、全巻を並べると連続模様になる飾りが施されています。以前「yom yom」に収めた2作に書き下ろしを加えた「短編集」、そして「書き下ろし長編新作」までシリーズ全体が一つの物語として繋がります。

    (2014年2月25日)

出版社・メーカーコメント

どこにも、僕のいる場所はない──教育実習のため母校に戻った広瀬は、高里という生徒が気に掛かる。周囲に馴染まぬ姿が過ぎし日の自分に重なった。彼を虐(いじ)めた者が不慮の事故に遭うため、「高里は祟(たた)る」と恐れられていたが、彼を取り巻く謎は、“神隠し”を体験したことに関わっているのか。広瀬が庇おうとするなか、更なる惨劇が……。心に潜む暗部が繙(ひもと)かれる、「十二国記」戦慄の序章。