• 本

英雄の書 上

新潮文庫 み−22−23

出版社名 新潮社
出版年月 2012年7月
ISBNコード 978-4-10-136933-4
4-10-136933-X
税込価格 781円
頁数・縦 431P 16cm
シリーズ名 英雄の書

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • 「あれ」が獄を破った。戦いが始まる。ブレイブ・ストーリーから6年。毎日新聞で連載されていた作品がついに書籍化!宮部みゆきのファンタジー最新作。一つ一つの言葉に力強さがある宮部文学。イマジネーションをどうにもかき立ててくれる傑作です。

    (2014年3月10日)

  • ファンタジー版日本昔話でしょうか?

    「宮部みゆき」の良いところを全てたした作品だ!文書も読みやすく、話の流れも完璧で非の打ちどころが無い、長い間日本の文学界の最前線で活躍し続けてきた人物、流石です。ファンタジーが苦手という方もこれなら何の苦も無く読めますし、「イジメ」を題材に扱ってもあることから宮部ファンだけではなく中学生以上なら読める。親子揃って読み終えたあとお互いの感想を語り合える1冊です。ユーリは兄を救い出すことが出来るのか?(下巻に続く)

    (2012年8月4日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

森崎友理子は小学五年生。ある日、中学生の兄・大樹が同級生を殺傷し、失踪するという事件が起きた。兄の身を心配する妹は、彼の部屋で不思議な声を聞く。「ヒロキは『エルムの書』に触れたため、“英雄”に憑かれてしまった」。大叔父の別荘から彼が持ち出した赤い本がそう囁いていた。友理子は兄を救い出すべくたった一人で、英雄が封印されていた“無名の地”へと果敢に旅立った。

著者紹介

宮部 みゆき (ミヤベ ミユキ)  
1960(昭和35)年、東京生れ。’87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。’89(平成元)年『魔術はささやく』で日本推理サスペンス大賞を受賞。’92年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞を受賞。’93年『火車』で山本周五郎賞を受賞’97年『蒲生邸事件』で日本SF大賞を受賞。’99年には『理由』で直木賞を受賞。2001年『模倣犯』で毎日出版文化賞特別賞、’02年には司馬遼太郎賞、芸術選奨文部科学大臣賞(文学部門)を受賞。’07年『名もなき毒』で吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)