• 本

さまよえる自己 ポストモダンの精神病理

筑摩選書 0044

出版社名 筑摩書房
出版年月 2012年5月
ISBNコード 978-4-480-01544-0
4-480-01544-2
税込価格 1,760円
頁数・縦 286P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

今、「自己」は大きな岐路に立たされている。「自己」が最も輝いていた近代(モダン)は終焉し、危険を孕みつつ必要とされた青年期もその役割を終えた。「自己」はこの先、どこへ向かうのだろうか。心や意識の起源に遡り、言語や神話の意味を読み解きながら、メランコリー、スキゾフレニアなど臨床での知見を踏まえ、深い思考を紡いで到達したポストモダンの精神病理学。

目次

第1章 〇・五秒の闇―いかにして意識は立ち上がるのか
第2章 世界が割れ、自己が生まれる―まなざしの到来
第3章 言語のみる夢―他者の呼びかけ
第4章 ピュシスとノモス―はじめに何が廃棄されたのか?
第5章 モダンとは何か―個の系譜学
第6章 メランコリー―死せる母
第7章 スキゾフレニア―最後に起源が目覚める時
第8章 さまよえる自己

出版社
商品紹介

「自己」が輝いていた近代が終焉した今、時代を映し出す精神の病態とは何か。人類史原初にまで遡り、主体なき現代の病理性を解明。

著者紹介

内海 健 (ウツミ タケシ)  
1955年東京都生まれ。東京大学医学部卒業。東大分院神経科で臨床に従事。帝京大学医学部精神神経科教室准教授等を経て、東京藝術大学保健管理センター准教授。人間学的精神病理学に基づく透徹したまなざしで臨床に携わりつつ、哲学的な視座から人間精神の時代変遷にも鋭く斬り込んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)