• 本

それをお金で買いますか 市場主義の限界

出版社名 早川書房
出版年月 2012年5月
ISBNコード 978-4-15-209284-7
4-15-209284-X
税込価格 2,263円
頁数・縦 329P 20cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

内容詳細

要旨(情報工場提供)

われわれは「市場主義」経済の支配する社会に生きている。謝罪代行や結婚式の挨拶から、臓器や血液、はては民間会社による戦争の請け負いまで、ほぼあらゆるものが売買され、これまでは商品化が考えられなかったようなものにも値段がつけられ、取引が行われるようになってきている。「はたしてそれでいいのだろうか?」と、本書は警鐘を鳴らす。過剰に市場の論理が横行することで社会に弊害をもたらすのではないか。市場経済と道徳の問題に、NHKの『ハーバード白熱教室』やベストセラー『これからの「正義」の話をしよう』等で人気を博したハーバード大学教授が鋭く切り込む。著者の専門は政治哲学で、コミュニタリアニズムの代表的論客として知られている。

(要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2012年6月15日])

→情報工場SERENDIP×e−hon 会員限定キャンペーンページはこちら!

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

出版社
商品紹介

『これからの「正義」の話をしよう』のサンデル教授、現代の最重要テーマにどう答えるか?

出版社・メーカーコメント

サンデル教授、待望の最新刊登場!現代の最重要テーマに教授はどう答えるか?   医療、教育、政治などあらゆるものが「市場の論理」で動く現代社会。誰もが見落としていた、この社会が間違っている真の理由とは?