• 本

鍵のない夢を見る

出版社名 文藝春秋
出版年月 2012年5月
ISBNコード 978-4-16-381350-9
4-16-381350-0
税込価格 1,512円
頁数・縦 231P 20cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 第147回直木賞受賞作品です。「重い!」1冊です。感情が激しく揺さぶられました。ゾクゾクという感覚をお楽しみ下さい。

    (2013年9月30日)

商品内容

文学賞情報

2012年 第147回 直木賞受賞

要旨

望むことは、罪ですか?彼氏が欲しい、結婚したい、ママになりたい、普通に幸せになりたい。そんな願いが転落を呼び込む。ささやかな夢を叶える鍵を求めて5人の女は岐路に立たされる。待望の最新短篇集。

出版社・メーカーコメント

町の中に、家の中に、犯罪の種は眠っている

誰もが顔見知りの小さな町で盗みを繰り返す友達のお母さん、結婚をせっつく田舎体質にうんざりしている女の周囲で続くボヤ、出会い系サイトで知り合ったDV男との逃避行――日常に倦んだ心にふと魔が差した瞬間に生まれる「犯罪」。現代の地方の閉塞感を背景に、ささやかな欲望が引き寄せる奈落を鮮やかにとらえる短編集。ひとすじの光を求めてもがく様を、時に突き放し、時にそっと寄り添い描き出す著者の筆が光る傑作。

著者紹介

辻村 深月 (ツジムラ ミズキ)  
1980年山梨県生まれ。2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。11年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞を受賞。「芹葉大学の夢と殺人」が第64回日本推理作家協会賞(短編部門)の候補となるなど、ジャンルを越えて注目されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)