• 本

贖罪

双葉文庫 み−21−03

出版社名 双葉社
出版年月 2012年6月
ISBNコード 978-4-575-51503-9
4-575-51503-5
税込価格 681円
頁数・縦 316P 15cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全3件

  • 15年前に起きた事件これが人生を狂わせました。

    一緒に遊んでいた友達が殺された
    犯人を唯一目撃した4人の少女は殺された少女の母に贖罪を求められた。

    15年後、4人とも大人になっていました。
    大きな闇を抱えたまま。
    そしてあの少女たちのまわりでも事件が起きる?
    事件とともに思い出されるあの時の記憶。
    殺された少女の母が最後に気付いたことは!?

    重く苦しい湊かなえワールド。
    4人に、殺された少女の母に何が起きたるのか。
    ぜひ手に取って読んで頂きたい作品です。

    (2013年7月23日)

  • 東京堂書店 文庫売場より

    ある田舎町で発生した児童殺害事件。
    犯人の顔を見ているはずの少女達は口を閉ざし、事件は謎に満ちてゆく。
    登場人物の語り口調で物語が進み、各章ごとに謎の核心へと近づいて行きます。
    この本を読んでいた時、私は通勤途中にある小学校を通るのが恐ろしくなりました。

    (2013年2月24日)

  • 15年前、空気のきれいな田舎町で1人の女の子が殺害される。犯人と思われる男と言葉を交わし顔も見ている4人の女の子たちの償い。そして負の連鎖。彼女たちの贖罪がそれぞれ綴られ最後に殺されたエミリの母親・麻子の告白そして償い。さすが湊かなえです。

    (2012年7月23日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

15年前、静かな田舎町でひとりの女児が殺害された。直前まで一緒に遊んでいた四人の女の子は、犯人と思われる男と言葉を交わしていたものの、なぜか顔が思い出せず、事件は迷宮入りとなる。娘を喪った母親は彼女たちに言った―あなたたちを絶対に許さない。必ず犯人を見つけなさい。それができないのなら、わたしが納得できる償いをしなさい、と。十字架を背負わされたまま成長した四人に降りかかる、悲劇の連鎖の結末は!?特別収録:黒沢清監督インタビュー。

出版社・メーカーコメント

静かな田舎町でひとりの女児が殺害された。一緒に遊んでいた四人の女の子は、犯人らしき男と言葉を交わしていたものの、顔が思い出せず、事件は迷宮入り。娘を喪った母親から投げつけられた言葉──あなたたちを絶対に許さない。必ず犯人を見つけなさい。それができないのなら、わたしが納得できる償いをしなさい。

著者紹介

湊 かなえ (ミナト カナエ)  
1973年広島県生まれ。2005年第2回BS‐i新人脚本賞で佳作入選。07年第35回創作ラジオドラマ大賞受賞。同年「聖職者」で第29回小説推理新人賞を受賞。08年同作品を収録したデビュー作『告白』は、「週刊文春08年ミステリーベスト10」で第1位、第6回本屋大賞を受賞した。12年「望郷、海の星」で第65回日本推理作家協会賞短編部門受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)