• 本

アジア遊学 153

重要文化的景観への道 エコ・サイトミュージアム田染荘

  • 海老澤衷/編 服部英雄/編 飯沼賢司/編
出版社名 勉誠出版
出版年月 2012年6月
ISBNコード 978-4-585-22619-2
4-585-22619-2
税込価格 2,200円
頁数・縦 200P 21cm
シリーズ名 アジア遊学

商品内容

要旨

田染荘の歴史的・文化的意義について、文献史学・考古学・民俗学・生態学など多分野の視点から考察する。そして、1981年の村落遺跡調査から二〇一〇年の「重要文化的景観」の選定に至る道程を検証し、景観保存のあるべき姿を探る。

目次

序 重要文化的景観への道―エコ・サイトミュージアム田染荘
1 重要文化的景観と農村の未来(見えない風景の連関と継承―田染小崎の風景の価値
荘園遺跡の文化的景観―骨寺から田染へ
田染荘域における水田開発の諸段階と小崎
田染荘小崎の学術的価値
荘園村落遺跡と文化的景観―田染荘小崎の重要文化的景観選定に至る道程
広域村落遺跡の保護と文化的景観)
2 広域水田遺跡調査と田染荘(考古資料からみた田染盆地
田染地域の水田開発と集落
熊野墓地にみる中世・近世・近代
村落と信仰―田染モデルの構築
近世村落景観の復元―村絵図と地籍図から景観の変化を考える)
3 重要文化的景観の保存と活用(文化的景観と世界遺産
国東半島における「荘園村落遺跡調査」の軌跡
豊後高田市の田染荘保存の軌跡―田園空間博物館構想から重要文化的景観へ
田染荘小崎の生物多様性と農耕
田染荘小崎地区の植生と植物
農村振興と景観保全―農村整備が取り組む「美しい農村景観づくり」
田染荘小崎におけるトンボたち)