• 本

マイ・フレンド・マイケル MJがいた日々

出版社名 飛鳥新社
出版年月 2012年7月
ISBNコード 978-4-86410-178-3
4-86410-178-7
税込価格 2,420円
頁数・縦 357P 図版32P 20cm

商品内容

要旨

幼くしてマイケルに出会い、その後、専属マネージャーとしても苦楽を共にしたフランク・カシオ。人生をMJの間近で過ごした男が綴る、感動エピソードの数々。

目次

第1部 アップルヘッド・クラブ 1984‐1999(新しい友達
夢の国へ
平凡な日常に、さようなら ほか)
第2部 フランク・タイソンとミスター・ジャクソン 1999‐2002(ステップアップ
新しい役目
ネヴァーランドで暮らす ほか)
第3部 マイケルと僕 2002‐2009(おかしな行動には理由がある
誤解
嘘の告発 ほか)

出版社・メーカーコメント

ファンが読みたかった、感動エピソード満載!5歳でマイケルに出会い、その後、専属マネージャーとしても苦楽を共にしたフランク・カシオが明かす、「人間マイケル」の素顔。 ネヴァーランドで過ごした春休み/仕組まれた少年虐待疑惑の真相/子育てに没頭するマイケル/カシオ家のスタジオでのレコーディング秘話・・・etc.

著者紹介

カシオ,フランク (カシオ,フランク)   Cascio,Frank
1984年、4歳にしてマイケル・ジャクソンに出会う。ネヴァーランドに招待されるなど、家族ぐるみの付き合いでマイケルと親交を深め、「デンジャラス・ツアー」に同行して世界中を旅する。1999年、マイケルのパーソナル・アシスタントとして働きはじめると、のちにパーソナル・マネージャーに登用。2001年9月にマジソン・スクエア・ガーデンにて行なわれたマイケルのデビュー30周年記念コンサートの企画、2003年にFOXで放映された『裏切られたマイケル・ジャクソン―未公開テープが語る真実』のプロデュースなど、側近として数々の重要プロジェクトをこなした
吉岡 正晴 (ヨシオカ マサハル)  
1955年東京生まれ。慶應義塾大学商学部卒。音楽ジャーナリスト、翻訳家、DJ。ソウル・ミュージックの楽しさを広めるために「ソウル・サーチン」をキーワードにイヴェント、ラジオ、ウエッブなどを展開、情報発信中
西寺 郷太 (ニシデラ ゴウタ)  
1973年東京生まれ京都育ち。早稲田大学第二文学部卒。ロック・バンド「ノーナ・リーヴス」のシンガーでありメイン・ソングライター。作詞・作曲家、プロデューサーとしてSMAP、V6、中島美嘉など多くの作品にたずさわる傍ら、マイケル・ジャクソン研究家として各メディアへの出演も多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)