• 本

インビジブルレイン

光文社文庫 ほ4−7

出版社名 光文社
出版年月 2012年7月
ISBNコード 978-4-334-76433-3
4-334-76433-9
税込価格 817円
頁数・縦 490P 16cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全3件

  • 観る前に読む?

    ドラマ化に続き、映画化も決定した大人気「ストロベリーナイト」シリーズ第四弾がついに文庫になりました!本作はその映画の原作でもあります。姫川班の一大事に加え、今回はあの姫川玲子が恋!!一気に読み終わった後は、映画がますます楽しみになりました。

    (2014年3月14日)

  • こんな姫川玲子、今まで見たことない!!

    いつも肩肘張って生きている、そんなイメージの強い姫川。
    がしかし、今回はちょっと違う。
    事件に関わる謎の男、映画では大沢たかお演じる「牧田」に
    気づかぬうちに惹かれていく。
    牧田もまた、自分と同じ影をもつ姫川から目が離せない。
    特に「菊田」と「牧田」の対決は、原作にはない。映画だけだ。
    映画脚本家ってすごい、限られた時間の中で、原作を忠実に再現しながら、
    映画ならではの見せ場を作っているのだ!
    映画のオフィシャルブックとあわせて読めば、
    相関関係もわかりやすく、楽しさ倍増だ。映画館に行く前にぜひ!!

    (2013年1月17日)

  • 玲子が恋?

    驚くことなかれ、このストロベリーナイトシリーズになんと濡場が訪れるのです。もちろん「姫川玲子」本人のです。予想できない結末に今後のシリーズを左右する結果が待ち構えています。とにかく読みどころ満載の本著、最高でした。巻末の著者と竹内(姫川)の対談も見どころです、本人の口より想像通り姫川玲子のモデルは「松嶋菜々子」だとはっきりと言われてしまい少し残念です。最後に映画にもなりますよ。

    (2012年8月6日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

姫川班が捜査に加わったチンピラ惨殺事件。暴力団同士の抗争も視野に入れて捜査が進む中、「犯人は柳井健斗」というタレ込みが入る。ところが、上層部から奇妙な指示が下った。捜査線上に柳井の名が浮かんでも、決して追及してはならない、というのだ。隠蔽されようとする真実―。警察組織の壁に玲子はどう立ち向かうのか?シリーズ中もっとも切なく熱い結末。

出版社・メーカーコメント

姫川班が捜査に加わったチンピラ惨殺事件。暴力団同士の抗争も視野に入れて捜査が進む中、「犯人は柳井健斗」というタレ込みが入る。ところが、上層部から奇妙な指示が下った。捜査線上に柳井の名が浮かんでも、決して追及してはならない、というのだ。隠蔽されようとする真実――。警察組織の壁に玲子はどう立ち向かうのか? シリーズ中もっとも切なく熱い結末!

著者紹介

誉田 哲也 (ホンダ テツヤ)  
1969年、東京都生まれ。学習院大学卒。2002年、『ダークサイド・エンジェル紅鈴 妖(あやかし)の華』で第2回ムー伝奇ノベル大賞優秀賞を受賞。’03年には、『アクセス』で第4回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)