• 本

リーダブルコード より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック

THEORY/IN/PRACTICE

出版社名 オライリー・ジャパン
出版年月 2012年6月
ISBNコード 978-4-87311-565-8
4-87311-565-5
税込価格 2,640円
頁数・縦 237P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

コードは理解しやすくなければならない。本書はこの原則を日々のコーディングの様々な場面に当てはめる方法を紹介する。名前の付け方、コメントの書き方など表面上の改善について。コードを動かすための制御フロー、論理式、変数などループとロジックについて。またコードを再構成するための方法。さらにテストの書き方などについて、楽しいイラストと共に説明する。日本語版ではRubyやgroongaのコミッタとしても著名な須藤功平氏による解説を収録。

目次

理解しやすいコード
第1部 表面上の改善(名前に情報を詰め込む
誤解されない名前
美しさ
コメントすべきことを知る
コメントは正確で簡潔に)
第2部 ループとロジックの単純化(制御フローを読みやすくする
巨大な式を分割する
変数と読みやすさ)
第3部 コードの再構成(無関係の下位問題を抽出する
一度に1つのことを
コードに思いを込める
短いコードを書く)
第4部 選抜テーマ(テストと読みやすさ
「分/時間カウンタ」を設計・実装する)
付録 あわせて読みたい

出版社
商品紹介

「コードは読んで理解しやすく、誰かもが読んだとき短時間で理解できるように書かれるべき」とし、その手順を解説していく。

著者紹介

ボズウェル,ダスティン (ボズウェル,ダスティン)   Boswell,Dustin
カリフォルニア工科大学で理学士号を取得。その後、カリフォルニア大学サンディエゴ校で修士号を取得。Google社で5年間勤務し、ウェブクローリング用のインフラなどさまざまなプロジェクトに携わる
フォシェ,トレバー (フォシェ,トレバー)   Foucher,Trevor
10年以上もの間、Microsoft社でWindows2000やOneCare、Google社でWeb master Toolsなどのソフトウェアプロジェクトを送り出してきた。現在は独立コントリビュータ・マネージャ・テクニカルリードである
角 征典 (カド マサノリ)  
1978年山口県生まれのプログラマ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)