• 本

謹訳源氏物語 8

出版社名 祥伝社
出版年月 2012年7月
ISBNコード 978-4-396-61422-5
4-396-61422-5
税込価格 2,090円
頁数・縦 447P 19cm
シリーズ名 謹訳源氏物語

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「幻」から八年。源氏亡きあと、出生の秘密に悩む薫。美しくドラマティックな傑作「宇治十帖」の幕が開く。

目次

匂兵部卿
紅梅
竹河
橋姫
椎本
総角

出版社
商品紹介

「匂宮三帖」と「宇治十帖」前半を収録。美しくドラマティックな傑作「宇治十帖」の幕が開く。

出版社・メーカーコメント

「幻」から8年。源氏亡きあと、出生の秘密に悩む薫。美しくドラマティックな傑作「宇治十帖」の幕が開く。匂兵部卿/紅梅/竹河/橋姫/椎本/総角

著者紹介

林 望 (ハヤシ ノゾム)  
1949年東京生まれ。作家・国文学者。慶應義塾大学大学院博士課程修了。ケンブリッジ大学客員教授、東京藝術大学助教授等を歴任。専門は日本書誌学、国文学。『イギリスはおいしい』(文春文庫)で日本エッセイスト・クラブ賞、『ケンブリッジ大学所蔵和漢古書総合目録』(ケンブリッジ大学出版)で国際交流奨励賞、『林望のイギリス観察辞典』(平凡社)で講談社エッセイ賞を受賞。『源氏物語』に関する著作、講演も多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)