• 本

ロスジェネの逆襲

出版社名 ダイヤモンド社
出版年月 2012年6月
ISBNコード 978-4-478-02050-0
4-478-02050-7
税込価格 1,650円
頁数・縦 382P 19cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全4件

  • 一度は読みたい名作!「ロスジェネの逆襲」

    この本は、テレビでも大きな人気を博した、半沢直樹シリーズの第3作。
    「ロスジェネの逆襲」です。
    この本は、私の愛読書である半沢直樹シリーズのなかでも一番と思っているものです! 世代の違う人々が、会社の買収をする側、それを阻止する側という2つの立場となって 戦う様子は、手に汗握るの一言で、半沢の鮮やかな逆転から目が離せません!(麻生中体験学習生S)

    (2018年1月31日)

  • ロスジェネの逆襲

    「半沢直樹」シリーズの第三弾!「やられたら倍返し!」この痛快なセリフがあちこちから聞かれるほどに、このシリーズの人気はすごい。その人気の秘密は、やはりリアルな企業小説だからか。ありそうで、なさそうで、「やっぱりこういうのってあるんだ」っと思わずのけぞってしまうような展開が、読む者を引っ張り込んでいく。まさに“痛快”なエンタテインメント作品。まだまだ続くこの勢い。どこまでいくか。だからこそ、しっかりとこの作品を読んでおきたい。

    (2013年11月6日)

  • 大人気ドラマ『半沢直樹』の原作シリーズ最新刊。正しいことを正しいといえること、ひたむきで誠実に働いている人間がきちんと評価されること、そのために戦う主人公の生き方にほれぼれします。第一弾、第二弾の既刊も好評発売中です。

    (2013年10月22日)

  • 普段仕事をしない私でも読んだ後はやる気になりました!

    読者の心理を掴み取るのが図抜けてうまい!サラリーマンの鏡のような半沢部長に感情移入してしまいます。大きなものに立ち向かってゆく姿はドンキホーテを髣髴させる感じかな、自分を重ねあわすのもよし、目指すのもよしそれぞれの思いで読んでいただければあなたのこれからの仕事に必ずプラスになること間違いありません。

    (2013年2月1日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

ときは2004年。銀行の系列子会社東京セントラル証券の業績は鳴かず飛ばず。そこにIT企業の雄、電脳雑伎集団社長から、ライバルの東京スパイラルを買収したいと相談を受ける。アドバイザーの座に就けば、巨額の手数料が転がり込んでくるビッグチャンスだ。ところが、そこに親会社である東京中央銀行から理不尽な横槍が入る。責任を問われて窮地に陥った主人公の半沢直樹は、部下の森山雅弘とともに、周囲をアッといわせる秘策に出た―。直木賞作家による、企業を舞台にしたエンタテインメント小説の傑作!

出版社・メーカーコメント

失われた10年を生きる若者たちよ! 君は何を失い、何を得るのか。いまこそ逆襲の時

著者紹介

池井戸 潤 (イケイド ジュン)  
1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒業。1998年『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞を受賞。2010年『鉄の骨』で第31回吉川英治文学新人賞を受賞。2011年『下町ロケット』で第145回直木賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)