• 本

世界が土曜の夜の夢なら ヤンキーと精神分析

出版社名 角川書店
出版年月 2012年6月
ISBNコード 978-4-04-110116-2
4-04-110116-6
税込価格 1,870円
頁数・縦 253P 20cm

商品内容

文学賞情報

2013年 第11回 角川財団学芸賞受賞

要旨

やんちゃやってるけど、ガチで気合い入ってて、ハンパなく筋が通ってる。アゲと気合。現実志向。行動主義。母性。バッドセンス。日本に拡散するヤンキー・テイストを精神科医が読み解く。

目次

第1章 なぜ「ヤンキー」か
第2章 アゲと気合
第3章 シャレとマジのリアリズム
第4章 相田みつをとジャニヲタ
第5章 バッドテイストと白洲次郎
第6章 女性性と母なるアメリカ
第7章 ヤンキー先生と「逃げない夢」
第8章 「金八」問題とひきこもり支援
第9章 野郎どもは母性に帰る
第10章 土下座とポエム
第11章 特攻服と古事記

出版社
商品紹介

なぜ日本人はなぜ、ヤンキーの放つ「バッド・センス」にかくも魅了されるのか?日本文化に偏在するヤンキー・テイストを精神科医が分析。ヤンキー美学の真髄に迫る。

著者紹介

斎藤 環 (サイトウ タマキ)  
1961年生まれ。岩手県出身。筑波大学医学研究科博士課程修了。医学博士。爽風会佐々木病院・診療部長。専門は思春期・青年期の精神病理学、「ひきこもり」問題の治療・支援ならびに啓蒙。漫画・映画・サブカルチャー全般に通じ、新書から本格的な文芸・美術評論まで幅広く執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)