• 本

闇の首魁

文春文庫 と26−3 八丁堀吟味帳「鬼彦組」

出版社名 文藝春秋
出版年月 2012年7月
ISBNコード 978-4-16-782903-2
4-16-782903-7
税込価格 660円
頁数・縦 300P 16cm

商品内容

要旨

北町奉行所吟味方与力・彦坂新十郎と彼の率いる同心衆「鬼彦組」は、町人同士の諍いに擬装された殺人の捜査をはじめるが、同じ奉行所内の上司や同僚が立ちふさがった。背後に潜む町方の裁量を越える闇に、慈悲深く町人から「仏の旦那」と呼ばれた同心・利根崎新八は静かに怒りの火を燃やす…。―鳥羽亮の新シリーズ第3弾。

出版社・メーカーコメント

やくざの喧嘩にみせかけて町人と武士が殺された事件の裏には、深い闇があった。与力・彦坂と組む情深い同心利根崎も怒りに燃える!

著者紹介

鳥羽 亮 (トバ リョウ)  
1946年埼玉県生まれ。教員等を経て作家に。1990年「剣の道殺人事件」(講談社文庫)で第36回江戸川乱歩賞を受賞。警察小説で人気を得る。近年では書き下ろし時代小説で活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)