• 本

アンデルセン童話集 上

文春文庫 ア11−1

出版社名 文藝春秋
出版年月 2012年7月
ISBNコード 978-4-16-781204-1
4-16-781204-5
税込価格 669円
頁数・縦 334P 16cm
シリーズ名 アンデルセン童話集

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

北欧デンマークに生まれたハンス・アンデルセン。その暗く神秘に満ちた世界を、荒俣宏が紹介する。アイルランドの若きステンドグラス職人だったハリー・クラークの、みずみずしく研ぎ澄まされた美しいイラストが彩る奇跡の童話集。上巻は「おやゆび姫」「皇帝の新しい服(はだかの王様)」「みにくいアヒルの子」など14篇を収録。

著者紹介

アンデルセン (アンデルセン)   Andersen,Hans
1805年、デンマーク・フェン島生まれ。30歳ごろから執筆をはじめ、その生涯に156編の童話を残した。彼の人生観に根ざした美しい童話は、いまも世界中で愛され、子供のみならず大人をも魅了している
クラーク,ハリー (クラーク,ハリー)   Clarke,Harry
1889年、アイルランド・ダブリン生まれ。ステンドグラス等を制作する工房に生まれ、家業のかたわらに描いた挿絵でも好評を博す。『アンデルセン童話集』(1916)は彼の挿絵画家としてのデビュー作
荒俣 宏 (アラマタ ヒロシ)  
1947年、東京都生まれ。慶應義塾大学卒業後、水産会社に入社。その傍ら幻想文学などを翻訳しつつ、評論活動も展開。独立後は翻訳、小説、博物学、神秘学などジャンルを越えた執筆活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)