• 本

ぜんぜん酔ってません 酒呑みおじさんは今日も行く

双葉文庫 お−32−01

出版社名 双葉社
出版年月 2012年7月
ISBNコード 978-4-575-71390-9
4-575-71390-2
税込価格 628円
頁数・縦 254P 15cm

商品内容

要旨

酒飲み人生謳歌マガジン『酒とつまみ』創刊編集長が綴る痛快&痛飲エッセイ集。酒飲みなら誰もが経験したことのある失敗談はもちろん、酒を介しての男同士の友情、思わずホロリとくる出会いと別れの場面、そして愛すべき酔っ払いたちの姿を描く。

目次

ぜんぜん酔ってません前編(お客の分け隔てがまったくない痛快酒場を見つけたり
世界一贅沢なホッピーで乾杯。『銀座ル・ヴェール』ありがとう
馴染みのバーテンダーが辞める夜
駆けだしの酒場記者はマスターのやさしさに痺れる
銭湯出たら「ビール!」と怒鳴る。夏の飲兵衛は汗ダクなり ほか)
ぜんぜん酔ってません後編(ホッピー片手に恩師と語る三十五年前の「少年たちの宝物」
横浜線を途中下車して、懐かしい店を探し酔いしれる
移りゆく多摩地区の町並みにも変わらない人情飲み屋がある
冬のお酒はダラダラと、五合くらいはスルスル飲める
飲みすぎてやらかした。ああ、運転手さん、ごめんなさい! ほか)

著者紹介

大竹 聡 (オオタケ サトシ)  
1963年生まれ。東京都出身。早稲田大学第二文学部を卒業後、出版社、広告代理店、編集プロダクションなどを経てフリーライターに。02年10月、酒飲み人生謳歌マガジン『酒とつまみ』創刊(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)