• 本

認知コントロール 認知心理学の基礎研究から教育・臨床の応用をめざして

出版社名 培風館
出版年月 2012年8月
ISBNコード 978-4-563-05230-0
4-563-05230-2
税込価格 3,080円
頁数・縦 219P 21cm

商品内容

要旨

認知心理学で注目されている「認知コントロール」について、最新のデータに基づき紹介した本格的解説書。特に迅速なボトムアップコントロールや技能の手続き化とコントロールの動向を詳述し、その理論的歴史的背景、課題の手続きだけでなく、脳研究、シミュレーションに至るまで網羅して紹介。

目次

第1部 認知コントロール研究の動向(Shiffrin&Schneiderの古典的な自動性とコントロールの対立図式
自動性とコントロールの古典的な対立図式では理解できない現象
記憶に基づく自動性の理論(インスタンス理論)―宣言的記憶から手続き記憶への一体化
中央エクゼクティブとワーキングメモリー
コンフリクト課題における一致性効果、比率一致性効果とグラットン効果 ほか)
第2部 主要なパラダイム―理論と独自の現象(ストループパラダイム
サイモン課題
フランカー課題
ストップ信号パラダイム
課題切り替えパラダイム
計算論的認知科学
第1部と第2部のまとめ)
第3部 用語解説と索引

著者紹介

嶋田 博行 (シマダ ヒロユキ)  
1976年大阪大学人間科学部卒業。1982年大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程単位修得後退学。1992年博士(人間科学)(大阪大学)。1996年米国イリノイ大学研究員。現在、神戸大学大学院教授(海事科学研究科)
芦高 勇気 (アシタカ ユウキ)  
2009年神戸大学海事科学部卒業。2011年神戸大学大学院海事科学研究科博士課程前期課程修了。現在、神戸大学大学院海事科学研究科博士課程後期課程在学中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)